ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< My birthday ❕ ❕ | main | 今を見つめて。 >>
2017.07.13 Thursday

守ること。

こんにちは!Yです!

暑い日が続きますね。熱中症対策を万全にしましょう!

 

『守られるのではなく、自分の身は自分で守る』という言葉は、大人になる上で欠かせないことですゆう★

子供もいつかは自立し、社会人になっても守られるばかりではなく、『守る人』にいつかはなるのです。

友達、家族と共に、愛する人の為です。

 

『自ら守る。』僕はその言葉で、あることを思い出したのです。

子供の頃によく見ていた『(初代)ウルトラマン』と『ウルトラセブン』での最終回が浮かんだのですニコ

 

ウルトラマンと言えば子供番組のイメージですが、時々大の大人がジーンとくるような回があることをご存知でしょうか?

最終回の内容は以下です!!

 

  (初代)ウルトラマンは怪獣に敗北し、最後は人類がその怪獣を倒しますエクステンション

   ウルトラセブンは怪獣との死闘でピンチになりますが、人類の手助けによって戦いに勝利しますエクステンション

 

二つの最終回には共通点があります。

(初代)ウルトラマンを助けに来たゾフィーと、ウルトラセブンのピンチを悟った地球防衛軍の隊員の言葉です。

 

「地球は、人類自身が守らなくてはならない。」

 

ウルトラマンばかりに頼ってきた人類は、ウルトラマンのピンチを目の当たりにしてようやく気づくのですぐすんぐすん

子供の頃は、なんとなくの感覚で見ていましたが、大人になってみるとこんなにも奥深く、人生を感じる話だなと思いました。

 

この二作品の原作者はどちらも同じ人で、沖縄県出身なのです。

作者の幼少時代は、沖縄戦争が勃発していました。

日本本土からの救援は途絶え、孤立化してしまった沖縄の県民は決意します。「この沖縄は、私たち沖縄県民が守る」と一致団結し、沖縄の方たちは戦ったのです。

その想いを作者はこの最終回に吹き込んだと語っていますお願い

そして、その想いを一番に子供たちに伝えたかったのだと思います。

 

いつまでも守られるのではなく、自分自身は自分で守り、守れる人にもなりたいです。

社会人となった僕は、そういう大人をこれからも目指していきたいです!!

これからの人生で、先輩になったとしても、親になったとしても、この思いは捨てたくありません。

人同士の助け合いから生まれる、絆と繋がりで、輝く大きなものにしていきたいですおかお(幸せ)手

 

スタッフYカピバラ

 

2017.08.17 Thursday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR